家族の借金が発覚!?

借金の存在が予期せぬ脅威となる展開は、何も借金した当事者が自分自身の場合とは限りません。
突然打ち明けられた家族の借金、そしてその金額が想像以上に大きい、あるいは既に債務不履行状態と化して久しいなどとなれば、その感情を表現する言葉が見つからなくて当然でしょう。
想いに任せて当事者を囲んで責め続け、問い詰められた側も感情の爆発から自暴自棄な言動に走ってしまっては、問題解決どころか状況悪化を家族全員が招く、残念過ぎる展開と言わざるを得ません。

ですがここで当事者を詰問するばかりでは、物事の根本的解決には到底至れません。
まずは現状を冷静に把握の上、早急に善処策を講じねばならないのです。
家族内で感情的に揉め続けているその間にも、金融業者からの借金であれば高利の遅延延滞金が加算され続け、個人的な借金であれば人間関係の複雑なもつれから、時に訴訟沙汰へと傷口を広げてしまい兼ねません。

家族の借金が発覚した際、何が1番問題なのか、そしてどのような行動が最初に求められ、何は後回しでも構わないのか、打ち明けられた家族は冷静かつ正確にその対処順を見極めねばなりません。
当然これはケースバイケースで方程式は存在していませんが、基本となる共通した考え方が存在しています。
ここでは家族の借金が当事者以外の家族全員に暗い影を落とさぬために、早急にどのようなアクションを起こすべきなのか、この点を中心にお話させていただきます。

Copyright © 2014 家族が借金を作ったらまずやるべき事 All Rights Reserved.